kugi's notebook

やったこと、思ったことなどつらつらと書きます

2020年振り返り

はじめに

いよいよ年明けです。今年は特にはやかった気がします。

2020年の振り返りを書いていきたいと思います。

1月 〜ほとんど広島にいなかった〜

ちょうど就活の面接が始まった頃で、関東に行くことが多かったです。

友人が巣鴨に住んでいたので、いつも泊めてもらっていました。 ありがとう!!!!

enPiT2019のメンターをしていたので、広大チームの成果発表会のために筑波にも行きました。

kugi-masa.hatenablog.com

リアルタイムレンダリングについて学習するために、OpenGLチュートリアルとかもこの時期から少しづつやっていましたね。

2月 〜研究、就活にBlender

1/31~2/2 で開催されたGGJ広島2020に参加しました。

Global Game Jam 2020 in Hiroshima - connpass

お題は確かRepairで、私たちのチームは

壺を割ってくる勇者に壺を割られる前に壺を「修復」するゲーム

を作りました。

私はモデルとアニメーションを主に作成しました。

ある程度できたけど、あともう少しという感じで少し不完全燃焼だった記憶があります。takさん(@bgdaewalkman)と一緒に開発できたのでヨシ!!!

研究では中間発表が2月でした。中間発表と就活の面接x2が同じ週にあるという鬼ハードなスケジュールでしたが、なんとか乗り切りました。

年度が変わる前でもあったので研究室の大改造が行われていて、Blenderで改造後のイメージ構図を作成しウォークスルー動画を撮ったりもしました。

(今見るとLighting雑雑の雑)

この時期ハマってたドラマはMR.ROBOT🤖

3月 〜さよならFishy〜

2月末に1社内定をいただくことができたので、就活は第一志望を残すのみでだいぶ落ち着きました。

Unity1Week「逆」に参加しようと思っていましたが、2月が割と立て込んでいたのでこの回はスキップすることにしました。

Unity 1週間ゲームジャム お題「逆」 | フリーゲーム投稿サイト unityroom

Fishyという魚になって「逆」に釣られないようにするゲームを作っていました。 絶賛unityNweek中です!!!おそらくお蔵入りです笑

あとはどう森買ったり、モンテカルロ法で円周率計算するやつ作ったりしました。

4月 〜オンラインでいろいろ〜

新年度が始まりM2になりました。コロナの影響でオンラインイベントが増え、いろんなイベントに参加するようになりした。

また、昨年度まではあまり顔を出せていなかったHiCoderも、オンラインになったことで参加するようになりました。

高校の同期とZoomでオンライン飲み会が毎週金曜日に開催されるようになったり(私はあまり参加できていませんが今でも続いてる👀!!)

OpenGLで作った三角形🔺で遊んでみたり

Cammelでの新プロジェクトのためにFlutterはじめたり

CammelでLT会(MomijiLTの全身)をオンラインで開いてYouTubeLiveで配信してみたり

kugi-masa.hatenablog.com

インプットとアウトプットがいい塩梅の年度始まりでした。

5月 〜ハッカソンとLTと〜

5月はハッカソン(ゲームジャム)とLTにたくさん参加しました

レッドハッカソンオンライン2020では特別審査員賞をいただけました🎉

kugi-masa.hatenablog.com

また、前回参加できなかったunity1weekに参加して、共有会でも発表ができたのもよかったです!!(unity開発界隈の知り合いが増えました🙌)

そして、未来掴みました👍

6月 〜スクラム、チーム開発インプット月間〜

アジャイルスクラム界隈のイベントに参加しました。

『SCRUM BOOT CAMP THE BOOK 増補改訂版』出版記念イベント、そして4月ごろから数回参加していた分散アジャイルチームについて考える会に参加しました。

そして月末にはenPiTでお世話になったmiholoveさんのご厚意でいただいたスポンサーチケットでSCRUM FEST OSAKAに参加してきました。

kugi-masa.hatenablog.com

密度の濃ゆい凄まじいインプットばかりでした。

Cammelでの開発にも持ち帰って活かすことが少しはできたかな🤔

またこの時期からUUUOでのインターンも始まりました。

7月 〜就活と縄跳びの終わり〜

長かった就活が終わり、月初めに茶摘みをしました🍵 とてもいい経験になりました!!

また、4年半お世話になったMacBookAirとお別れをし、MacBookProを購入しました🎉

そして、縄跳びはこの日を境に途切れ、ZUMBAを家でするようになりました。(なお三日坊主)

8月 〜ハッカソン月間〜

8月はUnity1Week「ふえる」Open Hack U Vol.2に参加しました👨‍💻

github.com

この「ふえる」のu1wから他の方とランキングで競うことが多くなり、ハッシュタグを生やすなどしました。

あまりランキングに組み込めていませんが、真のu1wランカーズ目指して頑張りたいです😤

8月からCammel LTがHiCoderとコラボ開催になり、MomijiLTになりました!!🍁

youtu.be

9月 〜ハッカソン主催〜

9月はハッカソンを2つ(?)主催しました。

1つ目はカニハッカソン🦀

...という名目でインターン先のカニの在庫管理アプリの開発をスタートしました笑

kugi-masa.hatenablog.com

カニノケンカでも遊びました👍

ハッカソンは主催しましたよ!!笑👀

HU hackathon 2020 onlineというオンラインハッカソンを主催しました!!

kugi-masa.hatenablog.com

ISUCON10に出場したり、Unityゲーム開発者ギルドに参加したのも9月でした

scrapbox.io

10月 〜キーボード作った!!!〜

自作キーボード好きのラボメンの影響で、学生のうちに自作キーボードを作りたいと思っていたので、

ゆかりキーボードファクトリーさんのMint60を購入しました。

とても気に入っています😎

次のunity1weekに向けてaojilu君とSilCilさんとチームを組み始めたのもこの頃でしたね。

kugi-masa.hatenablog.com

10月からシェーダー芸の作品も少しづつ作っていきました。 また少しづつ学びながら作っていきたいですね〜

github.com

SPAJAM2020にも参加しました!!

11月 〜JPHACKSと学会〜

11月には今年からオンラインになったJPHACKSにCammel全員で参加しました🐫

kugi-masa.hatenablog.com

また、初の学会に参加し優秀論文賞をいただけました!!!🎉

12月 〜そして師走〜

Unityゲーム開発者ギルドの方の配信をみたりDiscordで雑談したり楽しい年の瀬でした。

Unity1Week「あける」には私たちチームaojiluも参加し、「すきすきスキマん」というゲームを作りました。

評価期間も1/10(日)までなので遊んでいただけると嬉しいです!!

unityroom.com

まとめ

今年もいろんな方に大変お世話になりました。

今年はコロナの影響でオンラインで何かをするのがとても多かったです。 オンラインになったことで、イベントに参加しやすくなってよかったです。 それでも来年こそはオフラインイベントにも参加したいですね。

来年からは社会人です!! 残りの学生期間、研究に開発、最後まで楽しみながら頑張りたいと思います💪

それでは来年もよろしくお願いいたします!!

カニから学んだこと

はじめに

こちらの記事は広島大学ITエンジニア Advent Calendar 2020 19日目の記事です。

私は今年の5月ごろから広島の株式会社ウーオという水産業界の流通をITで支える会社でエンジニアインターンをしています。

uuuo.co.jp

8月はじめから11月末にかけて、エンジニアインターン生の2人で始まったカニの在庫管理アプリプロジェクト「かにっこ」を一度クローズすることになりました。

こちらの振り返り記事ではプロジェクトの振り返りかにっこを通して学んだことについて共有したいと思います。

かにっこ

カニは鮮魚と違って、在庫として抱えることがあるから管理が大変」

この課題を解決するために「かにっこ」は始まりました。

まずはカニオペレーション(商品をセリ落としてからお客さんに出荷するまでの流れ)について学ばないといけないので、管理がどう大変なのかを切り出して考えることにしました。

  • カニは鮮魚とは異なり、セリ落とした商品をその日に出荷するだけでなく、UUUOの在庫として確保することがある。
  • また、在庫として確保されたカニは急にいなくなったり(脱出...)水死して売れなくなる場合がある。
  • カニには様々な規格や状態がある。
    • 例)
    • めちゃくちゃ多いです🦀
    • 同じ1番2番でも港によって規格が微妙に異なります。
  • 出荷の際、松葉ガニは枚数、セコガニはcs数(規格によって決まった枚数を1ケースとしてまとめて出荷する)で管理する。
    • 雌のカニのことをメガニまたはセコガニと呼ぶらしいです。
    • カニの数え方は1匹、2匹ではなく、1枚、2枚と数えます。

これらのことから、カニの在庫管理は鮮魚でのオペレーションと異なり複雑で大変になっていることがわかりました。

システム設計

今回はインターン生の2人でプロジェクトの立ち上げから設計、そしてリリースまでを任せていただけるという機会をいただきました。実際に使っていただく広島のオフィスにいらっしゃるセールスチームや港でセリに参加して商品をセリ落し出荷作業を行うベースチームの方々に対してヒヤリングを行ったり、オペレーションフローの情報を元に「かにっこ」がオペレーションのどこで使われるかを考え設計を進めていきました。

f:id:kugi_masa:20201214143723p:plain
オペレーションフローとかにっこ

以前までのUUUOの業務では私がFlutterを用いたフロントエンド実装、もう一人のインターン生がrailsを用いたサーバーサイド実装を主にしていました。今回のプロジェクトではお互いのスキルアップのためにもロールを途中で入れ替えて取り組みました。モブプロ形式も取り入れ、お互いの得意な方を相手に教えることで得意な方の実装への理解も深まりました。

また、Miroを使ってタスクの見える化言語化を行い、GitHub Issueで実際に着手する実装タスクの管理を行いました。

これまでCammelで行ってきた開発やハッカソンではFirebaseなどのBaaSを用いて実装していたので、バックエンド実装についてあまり考えずフロント実装に専念していました。しかし、今回APIの実装やデータベースの設計に触れることで、フロント側で呼び出したAPIのリクエストがサーバーサイドでどのように動くのかを知ることができとても良い学びになりました。

今後はサーバーサイドのことも考えてフロント実装に取り組んでいきたいと思います。

運用の難しさ

「かにっこ 」はファーストリリース(社内アプリなのでTestFlightでの内部リリース)まではできたものの、「かにっこ 」の運用までには至らず、結果としてプロジェクトをクローズすることになりました。

  • 実際にテスト運用してみると、モバイルよりPCでの入力の方が向いていた
  • 現在スプレッドシートで運用ができている
  • オペレーションのなかで変更の要望があったとき、アプリケーションでの実装よりも、スプレッドシートの修正の方が素早くカイゼンできる

以上の要因から今回クローズをすることにインターン生二人で決めました。

管理ができないままでは問題なので、セールスチームの方がスプレッドシートで管理シートを作成され現在はそちらでカニの在庫管理運用をしています。

カニのオペレーション以前から、ベースチームやセールスチームの皆さんにはお時間を取っていただいてアプリの壁あてにご協力いただきました。しかし、実際カニのオペレーションが始まりテスト運用をしていただく中で、現実的にオペレーションに組み込みづらい点や修正点が出てきました。そして、そこからの修正(主にデータベースの再設計)に時間がかかってしまいました。

今回得た学びは、課題をもっとシンプルに切り分けて小さい領域(MVP)でテストをする方が良いということです。実際にアプリを作っている段階では「一折、二折」といったカニの状態松葉ガニとセコガニの枚数とcs数の違いまで実装に組み込んでいましたが、実際にテスト運用をしてみると、カニが生きているかと水死しているかが一番重要で、カニの状態までは確認と管理している時間はありませんでした。また、松葉ガニとセコガニでの違いは管理する単位だけなので、最初は松葉ガニのみに絞ってテストしてみる方が早く修正し次のテストに取り掛かれたと思います。

f:id:kugi_masa:20201214150200p:plainf:id:kugi_masa:20201214150204p:plainf:id:kugi_masa:20201214150209p:plain
This is かにっこ

おまけ(カニハッカソン🦀)

「かにっこ」が始まった直後にちょうどLTをする機会があったので、「カニをハックしてみた」という題で発表をしました笑。 スライドを以下に掲載します!!

speakerdeck.com

まとめ

結果としてはクローズしてしまったプロジェクトになってしまいましたが、実際に使ってもらえるユーザがいる状態で一からプロジェクトを立ち上げて実装する機会をいただくことができて本当によかったです。

また、プロジェクトのクローズと運用の難しさを学生のうちに経験することができました。 もちろん悔しさもありますが、その分学びも大きかったです。

サポートしていただいたUUUOエンジニアの土谷さんをはじめ、ヒアリング、壁あてにご協力してくださったセールスチーム、ベースチームの皆さんありがとうございました。

f:id:kugi_masa:20201214150352j:plain
Thank you Kanikko

やったこと

  • インターン生2人でプロジェクト立ち上げからクローズまで経験した。
  • カニについて学んだ。

わかったこと

  • 松葉ガニだけでもめちゃくちゃ分類される。
  • カニめちゃ高い...!!
  • 作る側も、使う側も実際に使う状況になるまでわからないことは多い

次やりたいこと

  • サーバーサイド実装の力もさらに付けていきたい。
  • Flutter for Web気になる。

JPHACKS2020参加レポート~Miro大活用とフラクタルスプリントへの挑戦~

はじめに

こちらは

の記事です。(片方遅刻してしました...ごめんなさい🙇‍♂️)

今回は10月末から11月末にかけて行われたJPHACKS2020の参加レポートになります。

昨年に引き続き、2年目の参加です!!昨年の参加レポートはこちら💁‍♂️

kugi-masa.hatenablog.com

昨年はCammelリーダーのtyanioと私の2人で出場していました。 今年度は私にとって学生最後の年、Cammelみんなでハッカソンに出たいという私の強い想いもあり、チーム7人で出場することになりました。

(完全に余談ですが、最近Cammelのページが公開されました🎉)

今年はオンライン

今年のJPHACKS(ジャパンハックス👈ジェーピーじゃないですよ!!ここ重要)はCOVID-19の影響もあり、フルオンライン開催でした。

今年に入ってオンラインのハッカソンに参加したり、主催したり(笑)オンラインハッカソンは初めてではありませんでしたが、参加者およそ400名のここまで大規模な学生ハッカソンをオンラインで実現できるのは、やはりJPHACKSだからこそだなと感じました。

オンライン開催とのこともあり、昨年とは異なり、Hacking Sprint(実際にプロダクトを開発する期間)は2Dayではなく1Weekに。そして、Hacking Spritの前には運営のみなさんによるLearning Sprintという環境構築やチーム開発などの学習イベントが開催されました。

アイディアソンワーク

私たちCammelはアイディアソンワークに参加し、Miroを使ってアイディアの分散・発散・収束について学びました。

f:id:kugi_masa:20201217000630p:plain
ハッカソン」を中心にマンダラートを作成しました。(草が生えたw)

また、出たキーワードから9つのキーワード(転用、応用、変更、拡大、縮小、代用、置換、逆転、結合)を元にさらに発散させる「オズボーンのチェックリスト」はとても学びになりました。全く想像していなかったアイディアが出るので、既に出たキーワードやアイディアからさらに発展させる指標としてとても良いなと感じました。

オズボーンのチェックリストとは?|経営キーワード集 | オンライン創業スクール・Zoomセミナーの講師をお探しならジャイロ総合コンサルティング

その後は、アイディアを収束へ。出たアイディアを元にイメージ図やターゲットユーザ(ペルソナ)について考えていきました。

f:id:kugi_masa:20201217001945p:plain
なんだこれは...

準備期間としてこのようなワークイベントを開いていただけてとてもありがたかったです。日程の関係で参加はできませんでしたが、他のワークにも参加してみたかったです。

1Weekの開発

Best Team Collaboration Award

受賞項目がたくさんあるJPHACKSですが、 今年からBest Team Collaboration Awardという賞が追加されました。こちらの賞は「チーム開発実践入門」という書籍を元に採点項目が設けられ、それらの合計点数の最高得点を獲得したチームに送られる賞でした。

アジャイルの理念を取り入れて開発すること目標として掲げ、これまで開発を行ってきたCammel。 そして、そこでスクラムマスターのような立ち位置でこれまでアジャイルをチームに共有してきた私としては非常に獲得したい賞でした。

採点項目として以下のようなものがありました。(以下の項目は一部)

  • [バージョン管理] チームメンバーの複数人がリポジトリに登録された(チームメンバー)
  • [バージョン管理] 一度でもチームの誰かがリポジトリのmain(master含む)にソースコードをコミットした
  • [チケット管理] Issueが登録されている
  • [CI/CD] SlackにGitHubやCIのログ等をインテグレーションしている

毎日その日までのチームの点数がslackのリーダーボードチャンネルに流れるようになっていて、コンテスト感がありとてもワクワクしました。

f:id:kugi_masa:20201217004340p:plain
slackのリーダーボードチャンネル

各チームのプロジェクトの情報は全てGitHub上に公開されています。 その日の上位のチームが何をしているかの調査をするためにも、上位チームのリポジトリ情報をチームのチャンネルに流すなどしていました笑

f:id:kugi_masa:20201217005057p:plain
前回からの変動に+をつけました

結果的には4位と受賞は逃してしまいましたが、今回のBest Team Collaboration Awardを期に挑戦してみた内容(CI/CDなど)もあったのでチャレンジできてよかったと思います。

Miroを活用してデザインのモックを作って共有したり、うさぎ組のkyonさんのフラクタルスプリントを参考に開発に取り入れてみたりしていたのでそういった点もアピールして評価してもらいたかったなとも思いました。 (自動採点で無くなったら運営のみなさんが鬼大変になってしまうとは思いますが...笑)

kyon-mm.hatenablog.com

Miroを活用

今年は各チームごとにMiroのボードを用意していただきました。 普段の開発でもMiroは使っているのでみんな使い方には慣れていましたが、1週間の開発でフラクタルスプリントにも挑戦してみたので、より使いやすいように以下のような決まりを作りました。

  • 付箋のサイズは基本的に「Mサイズ」!!!
  • 背景パネルは必ず「ロック
  • 付箋の「」に意味合いを持たせる
  • エリア」を分けて活用

f:id:kugi_masa:20201217011901p:plain
付箋のサイズはM!!!

Miroの付箋のサイズは任意に変更できますが、明示的にS・M・Lと固定することもできます。Miroは割と広めにスペースを取れるので、必ずMがいいというわけではありませんが、サイズに基準を作っておくことに意味があると感じました。これはボードを見ている時の倍率(右下の%)を自然と合わせるためです。Miroは簡単にマウスのスクロールなどでズームイン・ズームアウトができてしまいます。他のメンバーのカーソル位置は表示されているのでどの位置で作業をしているかわかっても、付箋のサイズがバラバラであれば、同じ視点から見たボードが共有しづらくなります。

f:id:kugi_masa:20201217012551p:plain
背景パネルはロック

普段Miroを使うときは領域を分けるために「背景パネル」を置いています。ここで重要なのが錠前マークでロック🔒することです。ロックをしておかないと付箋などの移動の際に背景が動いてしまってフラストレーションが溜まってしまいます😤。

f:id:kugi_masa:20201217012849p:plain
自分の色はコレダァァァァ!!!

1週間同じボードを使うため、毎回「コレ誰の?」とらないように自分の使う色を予め決めて付箋を使うことにしました。

f:id:kugi_masa:20201217015350p:plain
エリアを分けて活用!!

また、今回は進捗管理やモックの共有、バックログ管理などもMiroで統一して行ったので作業場所をわかりやすいように分けました。

フラクタルスプリントへの挑戦

基本的に開発はDiscordで通話をしながらGoLiveでのモブプロやペヤプロ、デザインチームはMiroを使ってモック作成を行いました。

f:id:kugi_masa:20201217020215p:plain
1Dayボード

今回のハッカソンでは、1WeekSprint >> 1DaySprint >> 1HourSprint のフラクタルスプリントで取り組んでみました。

1HourSprint

まずは最小単位の1HourSprintでは、1時間ごとにできそうだと見積もったタスクをTODOに列挙し、1時間終わったら振り返りします。ハッカソン中は学業との両立もあるのでこの1HourSprintは作業できる人ができる時間にバックログからタスクをとってやっていきます。

実はハッカソンの序盤が学会と丸かぶりしてしまい、最初の数日は開発できませんでした。 その分空いた時間でMiroを覗いたり、夜の進捗共有には参加して困り事を洗い出すなど、本当にスクラムマスターのような立ち振る舞いをしていました。(意外と見るだけならスマホ版のMiroも良さげでした👀)

今回1HourSprintに挑戦したいと提案してくれたメンバーからは以下のような前向きな意見がでています。

  • 1時間で強制的に手を止めるので気持ち新たに次の1時間に挑める
  • 途中で参加した人も何をやっていたかがすぐにわかる

1DaySprint

1日の区切りとしてだいたい18:00~18:30の時間でDailyScrum(朝会ならぬ夜会)を開きました。DailyScrumでは以下のようなことを行いました。

  • 進捗共有
  • 困り事、心配事の解消(ここでモヤっと🦠をスッキリに✨)
  • バックログリファインメント
  • 次の1DaySprintですることの確認

DailyScrum後にそのまま作業することが多かったですが、一応1Dayの区切りはDailyScrumとして、DailyScrum以降は次の日の1Dayボードに移動して作業しました。

1WeekSprint

この1DaySprintをHackingSprintの七日間繰り返すことで1WeekSprintとしました。

作ったプロダクト name_it

ここまではチームとしての1週間の取り組みについてでしたが、ここからは作ったプロダクトについてお話ししたいと思います。

まずは、デモ動画をご覧ください。

www.youtube.com

name-it-38fb8.web.app

name_itは自分が悩んでいる変数名やメソッド名を投稿し、 みんながアンケートに投票や更なる選択肢の追加などを行ってよりよいネーミングを共有していくエンジニア支援サイトです。

元々は気軽にコードレビューをもらえるサイト感情日記という自分のその日の感情を色として日記に記録できるアプリの2つでアイディアがわれていました。そこで、挙げられていた3つの評価基準([問題着眼点・着想点]、[実行・実現可能性]、[完成度・動作性])に着目してさらに深堀をしていく中で、変数命名を投票で決めるというアイディアが生まれました。

「感情どこ行った...??」という声が聞こえて来そうですが、 感情日記はハッカソンで作るのではなく、時間をかけて普段の開発で作りたいねという話もありコードレビュー寄りのアイディアになったという裏話もあります。

f:id:kugi_masa:20201217022956p:plain
投票で最終的に変数命名投票サイトに

Twitterで実際に変数の命名などで時間をかける人がいるかなども予め調査をしました。

結果としては、予選落ちでFinalistAwardへは進出できませんでしたが、動くものを1週間で作りきれたことフラクタルスプリントという新しい取り組みに挑戦できたことは私たちチームとしてとても価値のあることだったと思います。

フィードバックでもいただいたように、「回答を投票する側のメリット」や「命名に悩む人はすぐに回答が欲しいのに待たなくてはならない」といったユーザの視点、実際使ってもらう人の視点を踏まえた機能を早い段階で取り入れるべきだったと思います。

f:id:kugi_masa:20201217024517p:plain
1週間のバックログ

まとめ

これまで2年間Cammelでアジャイルの手法を取り入れ開発を行ってきて、スプリントをまわす習慣やモブプロ、振り返りなどは身についてきたと今回のハッカソンで実感できました。そしてハッカソンを通して、私たちのチームの弱点は私たちのプロダクトを使うユーザプロダクトをどのように、なぜ使うのかという点を踏まえて開発する力が弱いことだと感じました。開発が進んで行くにつれ、私たちのプロダクトのペルソナが「プロダクトを求めるユーザ」ではなく「プロダクトが求める、プロダクトありきのユーザ」になってしまっていたと感じます。(今回の例だと、私たちのユーザは「回答が来るまで辛抱強く待てる人」と思ってしまっていた)

これは特に最初のペルソナ定義が曖昧のまま開発が進んでしまうと、尚更陥りやすいことだとも思いました。 時間のないハッカソンの場合は最初に時間をかけて物事を決めたり、途中で手を止めてプロダクトの根幹の部分を見つめ直して手戻りするということはなかなかやりにくいと思います。しかし、使ってもらうものをユーザに届けるためにはプロダクトのペルソナを考えて開発することは非常に大切です。早い段階で一度手を止めてプロダクトについて見つめ直す時間(ドッグフーディング🐶)ユーザについて考える時間をとることがハッカソンでは重要になってくると改めて学ぶことができました。

また、今回挑戦したMiroの活用法やフラクタルスプリントのエッセンスは今の開発にも活かせていると思います。

Finalistに2連続で進出できなかったことは悔しいですが、結果が全てではありません。 今回メンバーには少々無理を言って全員参加に踏み切りましたが、全員参加できてよかったと言ってくれて嬉しかったです。 学生としてのCammel最後の年度に(先日引退はないよと言われました笑)本当にいい思い出ができたと思います。 メンバーには感謝です。

そして運営のみなさんも本当にありがとうございました!!! (オフ会わいわい楽しかったです笑)

私は今年度で修了しますが、残り5人は来年度まで学生です。 来年もJPHACKSに出場するかはわかりませんが、私としては出て欲しいですね笑

やったこと

  • チーム全員でハッカソンに参加してname_itといい思い出を作った

わかったこと

  • チームの弱点が見つかった

次やりたいこと

  • チームの弱点をチームで補っていく

unity1weekにチームで参戦するために2monthかけて準備した話

はじめに

こちらの記事は Unityゲーム開発者ギルド Advent Calendar 2020の11日目です。

(本日アドベントカレンダー2回目笑)

私はUnityゲーム開発者ギルド(通称: UGDG)に2ヶ月ほど前に参加しました。

ギルドに参加したことで今まで以上にUnityに触れる機会が多くなり、メンバーの方から刺激もたくさんいただいています。また、気軽に話しかけてくださる方が多く、コメントにスタンプで反応してくださったり、とても暖かいコミュニティだと感じています。また一緒にゲームしたりDiscordで雑談したりすることも増え、いいことづくしです!

UGDGのアドカレなので、この記事では「unity1weekにチームで参戦するために2monthかけて準備した話」について書きたいと思います。

チームaojilu

f:id:kugi_masa:20201210211427p:plain
チームaojilu

チームaojiluは同じ大学のaojiluくん、SilCilさんと私の3人からなるチームです。

aojiluくんのツイートがきっかけで集まりました。

f:id:kugi_masa:20201210202359p:plain
3人集まるきっかけとなったaojiluくんのツイート

aojiluくんとSilCilさんはGSD(大学のゲーム制作同好会)に所属していて、aojiluくんは私がメンターをしていたときのenPiT2019で一緒、SilCilさんはu1wでTwitterのFFという関係性でした。

初日はZoomで3人で顔合わせをしました。 Zoom無料プランの40分制限があったので、40×4回笑笑。「第4回ミーティングよろしくお願いします〜」と回を重ねるごとに初日で3人の心理的距離は縮まりました。

それ以降は主に以下のツールを使ってミーティングをしていきました。

  • Discord: 通話用
  • Miro: アイディアボックス(オンラインホワイトボード)
  • UDGDのScrapbox: 議事録とギルドへの知見共有
  • GitHub: コード共有、タスク管理
  • Slack: チームチャンネルでわいわい🙌

私たちは3人ともプログラマなので、ゲーム制作におけるプログラマ分業という修羅の道への旅が始まろうとしていました...。

unity1monthやってみる

一緒にチームで開発したことのない3人でいきなりu1w挑戦となるときっと大変だ!!と思ったので、まずは1weekを1monthにのばして3人でアイディア出しからゲームを作るところまでやってみることにしました。お題をTwitterで募集したところ、「重力」というお題をいただきました。 ひとまず次のミーティングまでに各々考えて、アイディアを持ち寄ることに...

f:id:kugi_masa:20201210203245p:plain
お題をTwitterで募集

aojiluくんとSilCilさんはこれまでGitHubあまり使ってこなかったとのことだったので、Miro & GitHubハンズオンを行いました。 その後、いただいたお題「重力」を元に持ち寄ったアイディアを深堀していく形で作るゲームの企画を固めていきました。

f:id:kugi_masa:20201210202720p:plain
アイディア出し

画像からもわかるようにMiroでわいわい絵や図を書いたりして盛り上がりました。 しかし、企画を決めるにあたって何を軸に決めたらいいかわからず、アイディアが分散してしまいかなり時間がかかってしまいました。 (アイディア出し自体はわいわいできてとてもよかったと思っています)

最終的に、「迷わずに答えられる面白さ」がはっきりしている企画、3人が話し合ってこのゲームの「面白さ」はここだよね、と言えるものを軸に考えることにしました。

f:id:kugi_masa:20201210204054p:plain
迷わずに答えられる面白さ

そうして決まったのが

「アイテムを集めながら星から星を飛んで移動しゴールの星を目指すゲーム」

Gravity Planet

です。

github.com

結論から先にお話しすると、このGravity Planetは最終的にゲームにはなりましたが、unityroomにリリースするまでには到達できませんでした。

ここでは最終的に出来上がったものと、取り組み方や反省点などを、unity1monthが終わったタイミングに戻った気持ちでKPT(KEEP・PROBLEM・TRY)で振り返りたいと思います。 (現在の振り返りではありません)

KEEP

  • モブプロベースで進めることで知見の共有ができた(Cinemachineはじめて使ってみた!!)
  • ミーティング中に疑問点や進め方にモヤッと感じたタイミングで疑問点の解消、モヤッとをすっきりにもっていく合意タイムが取れてよかった(aojiluくんモヤッと報告ナイスでした👍)
  • CloudBuildでビルドコストをなくせた
  • メンバー間の心理的距離が縮まった

PROBLEM

  • コーディング規約が曖昧で設計、依存関係が大変なことに...
  • 企画決めに決まった流れが欲しい
  • 今の感じだと1monthでも厳しかったので、1weekもつらいことになりそう...
  • Issueでタスク管理はコストの割に旨味がない(u1wだと特に)

TRY

  • 設計の指標がほしい(TRYか...??🤔)
  • Gravity Planetの設計を見直す会をしたい
  • 企画決めの流れを作りたい
  • 1週間をという期間を踏まえてもう一度企画からやってみたい

SilCilSystem導入

さて、Gravity Planetの振り返りが終わりTRYでも出た「設計を見直す会」をやりました。

SilCilさんが用意したクラス図をもとにSilCil'sオススメ設計を教えていただきました。

私たち3人の中では明らかにSilCilさんが設計マスターです。

f:id:kugi_masa:20201210213558j:plain
設計の話をしよう

それから何回かミーティングを重ね、SilCilさん主導で設計の指標となるテンプレートリポジトリ(Unityプロジェクトのテンプレート)SilCilSystemを作ることになりました。

なんとSilCilさんお手製のドキュメントもあります!!!!

u1w以降、落ち着いたタイミングでSilCilさんの方からもSilCilSystemの振り返りブログを書くとお聞きしているので詳しい内容はこちらでは割愛します。 (というより、私は説明しきる自信がありません...😂)

aojiluくんと私はというと、このテンプレートリポジトリを使って実際にゲームを作ってみて使い方に慣れようとしています。

実は別のイベント(LT駆動開発。発表はMomijiLT#3にて。12/13(日)18:30〜です。YouTubeLiveにて配信します)で作って昨日しれっとunityroomにアップしたこちらのゲームもこのSilCilSystemをテンプレートにして作ったものです✨

チームaojiluにおける理想的な一週間の流れ

そしてSilCilSystem制作と同時並行で残りのTRYである「企画決めの流れづくり」「一週間を踏まえてu1wの素振り」に取り組んでいます。

まずは理想の1weekの流れについて話しました。

f:id:kugi_masa:20201210220452j:plain
チームaojiluにおける理想的なu1w

unity1monthでは、CloudBuildを使うことで、main(master)ブランチにマージされたタイミングでビルドが走りDiscordのCloudBuild用のチャンネルにビルドがアップされるようしたので、u1w本番でも同じようにするのが望ましいです。

f:id:kugi_masa:20201210221530j:plain
CloudBuildはいいぞぉ

しかし、それぞれ一週間ずっとつきっきりというわけにもいきません。 一週間の流れの画像にもあるように、チームaojiluでは毎日夜集まり以下の流れでu1wに取り組むことにしました。

  1. お題が出てから初日のミーティングまでにお互いアイディアを持ち寄る
  2. 初日のミーティングで企画を決め切りやるべきタスクを洗い出す
  3. 初日以降はそのタイミングでの最新のビルドを遊んでどうゲームをカイゼンしていくかを決める
  4. タスクを洗い出して次のミーティングまでコミット(コミット内容は同期が取れるようにslackで適宜共有)
  5. 最終日まで3. 4. を繰り返す

こう見てみるとなんかu1wやっていけそうな気がしますね!!!

とはなりませんよね笑

KPTPROBLEMでも出たようにunity1monthのアイディア出しでは決まった流れがなく、話が分散し時間がかかってしまいました。そこで私たち3人は理想の企画決めの流れを探るべく、ジャングルの奥へと向かいました。

企画決めの流れ

まず前回お題の「重力」をもとにそれぞれ事前にアイディア出しをし出たアイディアを共有するということをやりましたが、フォーマットがバラバラでアイディアの説明も人によって時間をとったり取らなかったりとまちまちでした。

一週間しかないu1wにおける共同開発(チーム開発)では意思決定の早さが非常に大切になります。そこで私たちは、EMS フレームワークを持ち寄ってそれを共有することにしました。 (EMSフレームワークのついては以下を参照) gamebiz.jp

そして、素振りの試行錯誤を2回繰り返し、最終的にこれならいけそう!!という流れにたどり着きました。(ジャングルの奥に宝はあった!)

f:id:kugi_masa:20201210230515j:plain
割とうまくいったアイデア出しの流れ

付箋の左の時間は実際に素振りをやってみて妥当だと見積もった時間です。

f:id:kugi_masa:20201210230544j:plain
お題「打つ」でEMSフォーマットでアイディアを書いていき、共有、選定を行った図

EMSフォーマットを導入したことでアイディアを発散収束させやすくなりました。 またオズボーンのチェックリストにならって事前に用意したEMSフォーマットからミーティングの時間で新たなEMSフォーマットを作る時間も用意しました!! jairo.co.jp

f:id:kugi_masa:20201210230524j:plain
1回目の素振り(お題は「はずす」)の振り返りをした図
この章の頭でも書いたように実は素振りは2回行いました。もともと初めに想定していた流れのもと進めていましたが、意外と早く決まり過ぎてしまいました。早く決まったけど、もやもやが残る状態だったので一度振り返りを入れ、今の流れにカイゼンされました。 (ナイスモヤッとストップaojiluくん)

このようにしてできたTETOR<I\E>VERのペライチ企画書が以下の画像になります。

f:id:kugi_masa:20201210232618p:plain
ペライチ企画書

パッとみるとあまりゲームシステムが伝わりづらい企画書ではあります。しかし、この企画書はあくまで3人の共通認識を揃えるためのものとしました。なので企画書の完成度よりは一緒に話しながらすり合わせをして企画書を作る時間に重きをおいています。

現在はu1wまでの残りの時間でこの企画書をもとに一週間の一部を切り取って(3. 4. の部分)SilCilSystemの運用練習も兼ねてTETOR<I\E>VERを制作しています。

kugiが思うこと

こうして2ヵ月を振り返ってみるといろんなカイゼンを行って来たなぁと感じます。

個人的によかったと思うのはaojiluくんがモヤッとしたときにすぐに言ってくれることです。

チーム開発の経験がある私が主にミーティングのファシリをしていたのですが、進め方に対する疑問点やモヤッとしたところをすぐに投げてくれるので、一旦手を止め(ここではミーティングの流れを止め?)3人で合意がとれるようになっていると思います。

また、SilCilさんからの学びも凄まじいです。3人のなかでUnity経験も知識も一番あるのでシステム面で引っ張っていただける分、私はチームビルディングに集中することができたと思います。

また、u1wのチーム開発で今までのチーム開発とは違うなと感じたのは、ユーザーストーリーベース([例]駒を盤面に置くことができる)でIssue(タスク)を立ててしまうとどこまで実装すればいいかわかりづらくなるという点です。このようなタスクだと「盤面はどこで用意すればいいの?」や「駒は何を置くの?Sphere?Cube?それとも...」といった疑問が生まれます。

Issue(タスク内容)を見ただけでチームみんながタスク内容を理解できるようにするにはタスクを具体的に書き出す必要があります。長期開発だと問題はなさそうですが、u1wではやはりスピードが大切。時間をかけてIssueを書いていてはゲームは完成しません。そのため、チームaojiluではIssueは雑めで、着手する人にある程度はお任せという方針でいこうと考えています。また、ユーザーストーリーベースよりはロジックベースのIssueが良さそうです。

まとめ

さて、u1wまであと一週間弱。 こうやって2monthかけて準備したことが全てうまくいくとは思いません。 むしろ、うまくいかないことの方が多いかも知れません。 良いチームが絶対良いゲーム(プロダクト)を作ることができるわけではないと思います。

ただ、この2month行ってきたカイゼンは決して無意味だとも思いません。カイゼンを重ねることで少しでも良いゲームが作れる可能性が増えるなら私は最後の最後までカイゼンを続けたいと思います。

と大きなことを言ってしまいましたが、 ゲームを評価するのはプレイをするみなさんです!

このチームaojiluからどんなゲームが生まれるか...!!unity1weekでお見逃しなく!!!

(今回は長い振り返りなのでYWTはお休み)

干し芋🍠に欲しいもの🎁を書くと干し芋🍠が届くって本当ですか!?!?

はじめに

干し芋🍠に欲しいもの🎁を書くと干し芋🍠が届くって本当ですか!?!?」 というとんでもないタイトルで書き始めてしまいましたが、

こちらの記事は広島大学ITエンジニアアドベントカレンダー2020の11日目の記事です。

なんでこんな題で書きはじめてしまったかというと、本日12/11は私kugiの誕生日です。

その日誕生日の人がAmazonの欲しいものリスト(通称:干し芋)をTwitterなどで公開しているのを見たことがあります。

ということで今回私も自分の干し芋🍠を公開しようと思います。

www.amazon.jp

ただ、単に公開して終わりだと、せっかくのアドベントカレンダーなのに面白みがないので今回の記事では

「ふーん、kugiは今こんなものが欲しいんだね〜」(他意はないです...??)

と思ってもらえるように私の欲しいものについて紹介していきたいと思います。

Books

ゲームグラフィックス 2020 CGWORLD特別編集版

2019〜2020年のコンソールとスマホゲーム のグラフィックス制作メイキング集です

今年に入ってCGWORLDを毎月買って研究室に(勝手に)置く人になっているのでCGWORLDに掲載されたゲームグラフィックス技術の特集はとても気になります!!!

www.amazon.co.jp

UniRx/UniTask完全理解 より高度なUnity C#プログラミング

「リアクティブプログラミング、非同期プログラミングを学んでつよつよプログラマ(表紙より抜粋)

になりたい!!

www.amazon.co.jp

画づくりのための光の授業 CG、アニメ、映像、イラスト創作に欠かせない、光の仕組みと使い方

光っていいですよね!

CGの研究をしているので光のシミュレーションをするのですが、光の物理的な性質についての理解を深めた上でデザインができるようになると理にかなったデザインになると思うんです。

人間が認識しているも、目が光(波長)を情報として受け取って脳で処理して見ています。

う〜ん奥が深い...

www.amazon.co.jp

リアルタイムレンダリング 第4版

鈍器です🧱

www.amazon.co.jp

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

ラボのものをずっと借りパクしているので自分用が欲しい。

www.amazon.co.jp

レガシーコードからの脱却 ―ソフトウェアの寿命を延ばし価値を高める9つのプラクティス

持っていると思ってたけど持っていなかった本その1

www.amazon.co.jp

テスト駆動開発

持っていると思ってたけど持っていなかった本その2

www.amazon.co.jp

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで

チーム・ジャーニーは持っているんですが、カイゼン・ジャーニーはまだ持っていませんでした。

www.amazon.co.jp

ゲームメカニクス大全 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け

絶対面白い!!!!

www.amazon.co.jp

Games

PlayStation5

現在在庫切れです。

www.amazon.co.jp

UNDERTALE(アンダーテイル)

ずっと気になっていたゲーム🎮

www.amazon.co.jp

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゼルダ好きなのに買うのを忘れてしまっていた...

www.amazon.co.jp

マイク

Blue Microphones Yeti USB コンデンサー マイク Blackout Edition イエティ ブラック BM400BK

いいマイクが欲しいんですよね〜 結構お勧めされてたので気になっています👀

www.amazon.co.jp

干し梅

私は干し芋より干し梅の方が好きです。 最近は特に男梅にハマっています。

まとめ

ここまでお付き合いいただきありがとうございました🙇‍♂️ これを見て「お、良さそう!」と共感していただけるものがあれば私も嬉しいです!

やったこと

わかったこと

  • 干し芋🍠に欲しいもの🎁を書くと干し芋🍠は届かない
  • 欲しい本たくさん

次やりたいこと

  • 干し芋🍠より干し梅🌸食べたい

就活中に出会った『彼』の話

はじめに

こちらの記事は広島大学ITエンジニアアドベントカレンダー2020の7日目の記事です。

今回の記事はこれまでの記事とは異なり、走り書きのようなものになってしまいました。なので、YWT(やったこと・わかったこと・次やりたいこと)もありません。

うまく言語化できているかは分かりませんが、最後までお付き合いいただけたらと思います。


本文

これは就活中に出会った『彼』の話だ。

ちょうど就活直前か始まったぐらいで、Twitterでアウトプットをしたり、イベントに参加する機会が増えてきた時期。 ちょうど世界の広さを知ると同時に、他人と自分を比較して少し気持ちが落ち込んでしまった時期。

発言力があってアウトプットも凄まじい、同じ業界志望で21卒の『彼』をTweetを通して知った。

「本当に同じ就活という戦場で戦えるんだろうか…」

そんなすごい『彼』と自分を比べ、メンタル的に苦しくなる。 これが『彼』との出会いだった。

画面越しに一方的に存在を知っている程度だったが、偶然同じ就活逆求人イベントに参加することになる。 そのときの参加者は20人程度で『彼』がどこに座っているか、なんとなくわかった。

ただ、当時一方的にフォローしていたので向こうが自分を知るはずもない。 就活逆求人イベントではTwitterアカウントと中の人が一致したぐらいで終わった。

もう会うことはないと思っていたが、なにかの縁なのか、インターン、説明会、就活イベントなどその後2、3回会うことになる。 会うと言っても、ただすれ違うという感じではなく、席が前後とか隣とかのレベルだ。実際に話をする機会もでき、そこではじめてお互い知り合いになった。

そのときの話から、第一志望の会社がお互い同じことがわかった。 それを知り、さらに焦りと自分へのマイナスな感情が生まれていくのを感じた。

ただ、就活を進めるにつれ、いろんな方と話をしたり自分への理解が深まるにつれ、マイナスに考えても意味がないことに気づいた。 『彼』と比べて、「『彼』のようになりたい」と思うのではなく、「自分は自分の強みで頑張る」

そして、「同じ会社で一緒に働けたら最高だ!!」と思うようになった。

この頃から少し気持ちも楽になり、他人と自分を比べるのではなく、自分の強みを大事にしていきたいと思うようになった。 気持ちが少し晴れたおかげか、選考が近くなると「お互い頑張ろうね!」と自然とDMを送っていた。

そんなこんなで、お互い最終選考まで進み、結果的には自分は落ち、『彼』は受かった。 結果として同じ会社で働くという道にはならなかったが、来年からはお互い同じ業界だ。

今振り返ると『彼』の存在があったから、就活最後まで頑張れたと思う。

「あなたがいたから今の私がある」

というフレーズがあるが、就活に関して言えば本当に『彼』がいたから今の自分があると思う。

最初は一方的に意識していた存在が、最後までお互いを励まし合う「戦友」になれてよかった。 自分の憧れの人になることはできないけど、その人との出会いやその人と関わった出来事は必ず自分を形成する大事な何かになっているはずだと思う。

そんな彼と学生でいるうちに一緒にゲームを作るプロジェクトが始まったのはまた別の話。

ハッカソンを主催してみた話

はじめに

卒業するまでにやりたかったことの一つであるハッカソンの主催をCammelで行ったので今回はその話をします。

f:id:kugi_masa:20200926214331p:plain
CammelデザイナーのDaigoくん作ハッカソンロゴ

HU hackathon オンラインハッカソン 2020 - connpass

そもそもなぜ主催??

私の初参加ハッカソンは昨年6月頃です。 connpassを使うようになって偶然見つけた「広島エンジニアハッカソン」が私の初ハッカソンでした。

広島エンジニアハッカソン Vol.1 - connpass

ちょうどCammelでの開発が始まりアウトプットを意識するようになった時期で、

「自分では何ができるかわからないけど挑戦してみよう」

という気持ちで参加したのを覚えています。

実際参加してみて、最初のアイディア出し以降は技術的に全く貢献できず、同じチームの現役エンジニアの方がすごくて圧倒されっぱなしでした。

そして、「何もできなかったな〜」という気持ちから「次はもっと頑張りたい」と思いました。

それからこれまでいろんなハッカソンに参加してきました。

賞を受賞できたり、決勝まで進出できたときもあれば、思うようにいかず悔しい思いをしたこともあります。 ただ、どんなハッカソンでもその期間はアドレナリン全開です。そして、成果発表やデモでいろんなチームのや人のプロダクト、作品に触れてとてつもなく刺激を受けることができます。

このようにハッカソンにどっぷりつかれたのも「広島エンジニアハッカソン」のFIRST STEPがあったからだと思います。

さて、前振りが長くなってしまいましたが、今度は私自身がハッカソンを主催、運営する側として「アウトプットする機会」「チームで何かを開発する経験」FIRST STEPとなるようなイベントを企画したいと思ったのがきっかけです。

開催にあたって

企画したい!という思いから開催そして1人で運営までなんとか走りきることができましたが、 私1人の力では開催はおろか、企画倒れで終わってしまったと思います。

結果的にコロナもありオンラインにはなってしまいましたが、当初は学内ハッカソンにしたいと思っていました。

そのため、学内のコンピュータサークルHiCoderさんとチームのCammelには事前に声をかけていました。最終的にconnpassでも募集ページを用意し広島内外合わせて9名の方が参加してくださいました。ありがとうございます!!!

f:id:kugi_masa:20200927002135p:plain
スライドより抜粋

また、大学起業部の代表をしている後輩に審査員をお願いして、審査員賞として後日開催されるビジコンの参加権をいただけることになりました。

オーディエンス賞としては就活でもお世話になった株式会社ジースタイラス様より受賞チームメンバーそれぞれに好きな技術書1冊を協賛いただきました。

みなさん本当にありがとうございました。

これまで多くのオンラインイベントでDiscordを活用していたので、今回もDiscordを使うことにしました。

事前に以下のチャンネルを用意してチームビルディング会、ハッカソン当日がスムーズに進むように準備を進めました。

  • 「はじめに」チャンネル : Discordの軽い使い方や今回のハッカソンサーバーの各チャンネルの使い方を説明
  • 「タイムスケジュール」チャンネル:チームビルディング会、ハッカソン当日の流れ
  • 「大部屋」チャンネル:メインホールのようなもの
  • 「[id]チーム」チャンネル:各チームのチャンネル

f:id:kugi_masa:20200927030428p:plain
「はじめに」チャンネル

f:id:kugi_masa:20200927030751p:plain
「タイムスケジュール」チャンネル

チームビルディング会

さて、「チームビルディング会」という言葉が出てきましたが、いきなりはじめましてからの開発は辛いなと思っていたので

(特に初ハッカソンだとさらに辛い...)

アイディア出しも兼ねてチームビルディング会を開催することにしました。

オンラインでのチームビルディングをスムーズに進めるにはどうすればいいかを考えたときに、

ちょうどコロナによる自粛期間が始まった5月ごろから数回参加をしていた「分散アジャイルチームについて考える会」でのkyon_mmさんのファシリが頭に浮かびました。

distributed-agile-team.connpass.com

このイベントはDiscordとZoomそしてMuralを使ってLTやOST(オープンスペーステクノロジー)を行うイベントだったのですが、

(OSTについてはTAKAKING22のスライドをご参照ください...!!)

はじめにMuralのハンズオンとしてkyonさんが「お立ち台」を用意されていたのを思い出しました。 ハンズオンからの流れがそのままMuralを使うアクティビティにスムーズにつながっていたので、 私も同じように「お立ち台」を用意することにしました。

Cammelのミーティングでは主にMiroを使っていたので今回のチームビルディング会でもMiroを使うことにしました。

まずSTEP1として、付箋を出してテキストを書くことに慣れてもらい

STEP2で「お立ち台」を活用して、自己紹介をしました。

実際に話す人が「お立ち台」に立って(付箋を置いて)自己紹介を行い、他の人がその横に並んで(付箋を並べて)待つというようにして進めました。

「お立ち台」はオンラインでも付箋の場所並ぶという行為で存在を示せるという点でとても優れものだと改めて思いました。 また、付箋の動きや絵文字でリアクションを付けてワイワイしているうちに、Discordがミュートでもだんだん盛り上がっていくのがわかりました。

f:id:kugi_masa:20200927025000p:plain
Miroのハンズオン

そして、アイディア出し、チーム発表、チームごとにアイディアを具体化というように進めていきました。

ここでの振り返りとして以下をあげます。

  • 良かった点
    • 最悪アイディアが出なかったときのことを考えて予めCammelのミーティングで案を何個か考えておいた
    • (結局使われなかったけどそれで良し)
    • チームビルディング会からの1週間の使い方について参加者に聞いてみた
  • 悪かった点
    • 「キーワードからブレスト」をした後「実際作るもの」を考えましょうという流れにしてしまった
    • その間に「出たアイディアから課題について考えてみよう!」があった方が良かった
    • テーマが「広島大学」... 広島外からの参加者を募っていたにもかかわらず、明らかにアウェーになるようなテーマにしてしまった...

テーマに関しては、広島大学生を必ずチームに含めるようにしてはいたものの、このように差が出るテーマにはするべきではなかったと反省しました。

運よく参加していただいた広島外のお二人は積極的に参加してくださったので本当に救われました。

土日でチームビルディング会、ハッカソンとせずにあえて1週間あけたのは少しでも開発までにチームで交流する時間を増やすためと考えていましたが、その間で開発を進めていいかについては明確に決めてはいませんでした。

なので実際に参加者の意見をそのまま反映することにしました。

f:id:kugi_masa:20200927033624p:plain
実際に聞いてみたところ...

過半数が開発は1Dayでとのことだったので、ルールをはっきりさせました。

f:id:kugi_masa:20200927033846p:plain
当日までのルール

実際にハンズオンまでするチームもいたので1週間あけたのはやはり正解でした。

ハッカソン当日

ハッカソン当日は各チームごとに時間を取ってそれぞれのボイスチャンネルにいようかと思っていたんですが、 チームビルディング会と当日までの各チームでのコミュニケーションのおかげか、 どのチームもおおかたスムーズに開発が進んでいました。

そこに甘んじてしまったところもあったので、

反省としては、「初めてのハッカソンを意識してもう少し積極的に各チームのサポートをしても良かったなと思いました。

各チームの成果物

広福 「西条交通確認LINEBot」 github.com

カラス 「食堂メニュー決定アプリ」 github.com

ちゃにまつ太郎 「ひろだいさんぽ」 github.com

広島戦隊和久レンジャーズ「Kinder」 github.com

どのチームも1Dayで作ったとは思えないできのものばかりでした!!!

割と手が空いてしまった運営は何をしていたかというと...

github.com

結果

成果発表後に投票、審査にうつり審査員賞オーディエンス賞が決まりました!!!

f:id:kugi_masa:20200927035303p:plain
オーディエンス賞

f:id:kugi_masa:20200927035324p:plain
審査員賞

オーディエンス賞の「ちゃにまつ太郎」のみなさん、審査員賞の「広島戦隊和久レンジャーズ」のみなさんおめでとうございます!!

(表彰状はもちろんDaigoさん...!!ありがとう!!!)

まとめ

ハッカソンを主催、運営してみました。 オンラインそして初めての試みということもあり、大変だと感じることも多かったですが、 学生の今だからこそできることをやれてよかったです!

また、私の「ハッカソンを開催したい」というワガママを聞いて協力してくれたCammelのメンバー、参加者のみなさん、審査協力してくださった起業部のみなさん、協賛企業の株式会社ジースタイラス様、改めて本当にありがとうございました!!

次回があるかは今のとこ未定ですが、前向きに検討したいと思っています!

やったこと

わかったこと

  • 事前チームビルディングからの流れはとても良い
  • 何事も FIRST STEP は大事

次やりたいこと

  • 卒業までに自作キーボード作る
  • 卒業までに3Dプリントする